不倫をされて出会い系にやけくそで登録した/体験談07

  • 【投稿者】トリケラトプス(45歳男性)
  • 【利用したサイト】PCMAX(18禁)

私にはつい3年ほど前に結婚したばかりの20歳離れた妻がいます。子供はいませんが、夜の営みも1週間に3日くらいと頻度はかなり高め。まるで高校生の猿の時のようにほぼ毎日腰を振っております。しかし実は、結婚してからの1年ほどは1週間に1回あるかないかというものでした。

ほぼ毎日のようにヤるようになったのは、ある事がきっかけ。それは不倫です。妻が2軒となりの旦那と密会しているのを、その旦那の奥さんから聞いた時からになります。最初は心が打ちのめされ、妻に向かって罵声を浴びせたいという気持ちがありつつも何も言えない日々が続きました。

とても悔しい気持ちが募り、そっちがその気ならと出会い系に登録しました。すると旦那と夜の生活がないという自分と似た境遇の人と出会うことができました。

最初は寂しい二人同士、傷を舐め合うかのように愚痴をこぼすだけだったのですが、いつの日からか愚痴を言い合うだけでなく、まぐわう関係になっていきました。妻と向こうの旦那がヤっているのを想像しながら、別の妻を犯しまくる。

色々ヤリました。コスプレを着せてみたり、SMで荒々しく犯したりと。やがて私の妻が密会に行くのが楽しみにさえ感じるようになるくらいです。しかし、ある日私の部屋でバックから激しく突いていると、妻がドアを開けます。そして「え、なんで?なにしてるの?どうゆうことですかこれ?」と言ってきます。

どうやらこの日、私たちは勘違いしていたようで、向こうの旦那さんは本当に出張で、妻は本当に友達のところに遊びに行っていただけのようだったのです。しかし私には特に悪いことをしたという気にはなれません。当然謝るようなこともしません。

むしろ「いや、お前がBさんと会ってる日はいつもこうだよ。お前らも好き放題やってんだ。別にいいよな?」と開き直ります。妻はあからさまに「え!?バレてたの!?」という表情。何も言わずにドアを閉めて家を出て行ってしまいました。

恐らくBにも伝えたのだろうという予想から、私たちはそれから数日間私の家で一緒に過ごすようになります。そして数日後、妻からLINEがきます。

「今日時間あるなら会えない?その女性も一緒に同席してほしい」という内容のものでした。指定された喫茶店に行ってみると、Bと私の妻が先に到着しているようです。なぜか妻とBさんが横並び、私と不倫相手が横並びという図で向かい合わせで座ります。

重い沈黙の後、最初に口を開いたのはBさんです。「あの、いつから不倫を・・・」「おたくらが密会していると知って、出会い系に登録してしばらくしてからですね。」「そ、そうですか。」「そうです。」。

またしばらく重い沈黙があり、「もしよかったらなんですが・・・お、怒らないで聞いてもらいたいんですが」「はい、なんでしょうか?」「お互いで不倫を継続しませんか?例えば月曜はこっちの家に、火曜日はそっちの家に・・・という形で」「・・・っ!?」。

突然の申し出に毅然としていた私もビックリしてしまいましたwしかしコレを聞いた時は特に悪い気がしませんでした。今では正直、妻も好きだけど不倫相手も好きという状態だからです。一応、返事は今度にしてくれということで、一旦妻と一緒に家に帰ります。

帰り道は終始無言。妻はかなり気まづいのでしょう。家に到着し、流れでそのまま家族会議を開きます。そして今日のBさんの話についてどう思っているのかを妻に聞きます。「あなたも好きだけど、Bさんも好きなの。自分でもどうしたらいいかわからない。ごめん」という内容でした。ですがそれは私も一緒です。

「じゃあBさんの提案は、お前にとっても良い内容ということか?」、妻は申し訳なさそうに頷きます。それを見て私はすぐに不倫相手にLINE。

内容は「旦那さんの申し出、俺的には受けようと思う。君と堂々と会えるのは正直嬉しい。」というもの。どうやら不倫相手も同じ気持ちだったらしく即OKの返信がきました。

この時からというもの、週4回は自分の妻と、残りの3回は不倫相手と過ごすようになり、毎日がセックスパレード。なんだか変なことになってしまったなと思いながらも、今では充実したセックスライフを過ごせています。

皆の出会い系体験談「体験談06」 >>

掲載出会い系サイト一覧