不倫したら妻の意外な性癖が開花/体験談03

  • 【投稿者】グルテン(39歳男性)
  • 【利用したサイト】ラブサーチ[18歳以上]

結婚して丸2年。今の妻とは年の差婚で、15歳離れている。
しかし今サイトで知り合って口説いている女の子は20歳と妻より4歳も若い。
39歳が20歳を口説くって・・・と思われることも結構あるが、若ければ若いほど大人の知識の深さとでも言うのか・・・そういうものに惹かれやすい傾向にある。さぞ、彼女にとっての同世代と比べれば口説きモードの私は大人で紳士的に見えることだろう。

そんなある日、ようやく口説き落とすことができ仕事が終わった後、その子とラブホでお泊りをする計画を実行する時がきた。妻には出張と嘘をつき、仕事終わりの彼女をタクシーで拾いラブホへ。

ラブホに到着してからは、一応名目が「映画鑑賞」だったので、持っていた私のお気に入りのDVDを一緒に見ることに。
しばらく一緒に見ていると雰囲気もでてきて自然にキス。舌を絡めながら、ずっと触りたかったおっぱいを掴み揉みしだく。服を脱がせブラを外すと夢にまで見た彼女の生おっぱい! 小ぶりだが形もよく白くスベスベでツヤツヤのおっぱいだ。

乳首を吸ったり舐めたりと、夢のおっぱいを堪能した後は下に手を伸ばす。既にグッチョリとパンツにまで染みだしている。湿ったアソコをツルツルサテン生地のパンツの上からなぞると彼女は声を上げながら、何かに耐えているかのように小刻みに震えながら私の両腕を掴んで、潤ませた瞳をこちらに向けてくる。
「あっ・・・あっ」と声が漏れだす口を私の口で塞ぎ、舌をねじ込むように押し入れウネウネと動かすと彼女も負けじと応戦。

ちょっとぎこちないが、ゆっくりだが舌触りがたまらないネットリとしたフェラをしてもらいGもつけずに生挿入!ズブっと奥まで入ると「あ・・・あぁぁ〜ん」と言いながら私の首に腕を回しながらキスをせがんできます。
ズブズブとゆっくり腰を回転させると、まるで肉壁が生きているかのように息子に吸い付いてきます。こんな名器は久しぶりです!
蠢く肉厚に抗う事ができず、結局初めての夜は3回ヤリましたが、3回とも1分と持たずに果ててしまいました。それからも仕事終わりにはラブホ、休日には食事や買い物を楽しんだ後にラブホ・・・。最初はルックスや若さに惹かれていたんですが、今はドップリと膣の虜です。時間があれば彼女と密会してはヤリまくっていました。

しかし、そんな事をしていれば当然、妻には怪しまれます。今までの不倫は全て適度な距離をとっていたのでこんな事はなかったのですが、どうも理性がうまく働かないくらいハマってしまっていたようです。
そんなある日、ラブホに入ろうとしたところを、尾行していた妻につかまり、彼女と私と妻という形でラブホ内で話し合うことになります。

離婚の2文字がよぎっていたんですが、妻の第一声は予想だにしないものでした。
「今からしようとしていたことを私の目の前でして」
「え?何言って・・・」
「いいからして」
「わかりました」と返事をしたのはセフレ彼女。
何をとち狂ったのか私に覆いかぶさり服を脱ぎ熱いキスをしてきます。
妻はひたすら私たちの行為を見ているだけ。もうなるようになれ!という気持ちでそのまま続行。
しかし終盤、シックスナインをしていると妻も服を脱ぎ始め、私のアナルを舐め始めます。
内心なんでこんなことになっているんだとは思いましたが、3Pなんて初めて。気持ち良さに負けてしまいます。
そのままズボズボとセフレ彼女の口に突っ込みながらのアナル舐めで大量に発射。
ドロドロになった息子を引き抜くと、それを妻がフェラし始めます。
あまりの非日常なシーンに興奮している私はすぐに回復。
口から精子を垂れ流しながら仰向けに寝ているセフレ彼女の股を開き挿入。理性も飛び、獣のように腰を振っていると、仰向けの彼女の上で妻が四つん這いの姿勢になり、腰を振って私にも挿れてと言ってきます。交互に突きながら最後は妻の中に大量発射!
ゴポゴポっとアソコから垂れる精子を見てセフレ彼女がお掃除フェラをしてくれます。

行為が終わると一気に現実が押し寄せてきます。ですが、妻が語ったのはまたもや以外な言葉でした。
どうやら昔から3Pとか大好きらしく、荒々しく犯されたり、物のように扱われるのがたまらなかったよう。結婚してからは変態だと思われたくないから我慢していたらしい。
なぜかその意見にセフレ彼女も「わかります」と言い出し、それからはたまに我が家に彼女が遊びに来ては3Pをするというのが休日の日課になりました。

皆の出会い系体験談「体験談02」 >>

掲載出会い系サイト一覧